2016セントライト記念等回顧&2016オールカマー展望!

こんばんわ!

今週は仕様で申し訳ありませんが、引っ越しでバタバタしており

しっかりとブログが書けずに申し訳ございません!

本日は先週の重賞回顧と今週のオールカマー展望をサクッとしてきたいと思います!

ローズS 回顧

重馬場のレースで行われた同レースだが、シンハライトの強さが際立ったレース。

重もこなしあとは本番で反動が出ないかどうかだけ。

クロコスミアは唯一の重での勝利経験があり先行有利の馬場で単独でハナを切れた

展開に恵まれたか。ジュエラーは骨折明けで重に切れ味を殺された形で、

重が苦手な馬達がブラックエンブレムの様に、本番で巻き返す形に要注意。

セントライト記念 回顧

ディーマジェスティが3コーナー辺りから徐々に進出し、外をぶん回しての横綱相撲で

快勝し視界良好。但し、本番の菊花賞は距離が持つかが課題に。

全体的に差し馬が勝利を独占した中、ゼーヴィントが絶好調の戸崎の手腕に導かれ、

価値のある2着に。小回りコースでも器用にこなすタイプで堅実に走りそう。

オールカマー 展望

カレンミロティック 2200mは宝塚2着など問題なく、休み明けも意外にこなしており

8歳馬だが今年に入っても天皇賞2着などまだ衰えが無くここでも十分通用するが、

このあとオーストラリア遠征が控えており、どこまで仕上げてくるかが課題か。

ゴールドアクター 昨年の有馬記念馬だが、前走の天皇賞は外枠で掛かってしまいまさかの

惨敗を喫したが、今回は距離短縮し得意の中山なら先行して押し切るスタイルで

能力を存分に発揮してくれそう。今回は同じ轍は踏めないはず。

サトノノブレス 昨年は一時期不振だったが、今年は好調で重賞も2勝しており

GⅠならともかくGⅡでは十分勝負になる馬。ここは舞台も合いそう。

マリアライト 前走の宝塚記念は馬場が渋ったのも味方したが、強力牡馬相手に

GⅠ制覇と大分力をつけている。あとは昨年のこのレースを休み明けで5着に敗れたように

叩き良化型のイメージで何処まで仕上げているかカギか。

そして神戸新聞杯の現時点でのねらい目はこちら→人気ブログランキングへ



スポンサーリンク