2016セントライト記念展望!~ディーマジェスティ1強か!?~

こんばんわ!

本日の交流重賞テレ玉杯オーバルスプリントは対抗○レーザーバレットが1着だったものの、

本命◎ニシケンモノノフが惜しくも4着でした。

ですが気を取り直して今週の重賞考察に行きたいと思います。

本日は中山で日曜日に行われるセントライト記念の展望をしていきたいと思います!

セントライト記念 考察

ゼーヴィント 前走のラジオNIKEEI賞勝ちで重賞馬の仲間入りをした。

中山は2戦2勝と好相性で絶好調の戸崎騎手鞍上も心強いが、前走は1番枠に恵まれた感

もありここは試金石の1戦に。

ディーマジェスティ 言わずと知れた皐月賞馬でダービーでも1番人気に押されて私も

ダービーで本命を打った馬。中山コース、距離も問題なく不安材料は特になし。

ここは菊花賞への通過点か。

プロディガルサン 2歳時にオープン勝ちし、東スポ杯でも2着に来たディープインパクト産駒

の素質馬だが、順調さを欠き3歳に入ってからは思うような活躍が出来ていない現状。

しかし前走のダービーは最悪の大外枠で、ハイペースを先行し0.9差の10着なら

内容は決して悪くない。ここな面白い1戦になりそう。

プロフェット 中山の京成杯を勝っている重賞ウイナー。前走のダービーはプロディガルサン

同様外枠&先行と苦しいレースだったので度外視。コース相性はよく巻き返しを狙える1頭。

マウントロブソン こちらも中山での重賞、スプリングSの勝ち馬。クラシックは皐月賞6着

ダービー7着と善戦マンの域を出ないが、ここのメンバー相手なら大いばりできる。

ディーマジェスティに先着するのは苦しそうだが、それ以外のメンバー相手なら好勝負必至。

そしてセントライト記念より特に注目馬はこちら→人気ブログランキングへ



スポンサーリンク