新潟記念回顧&京成杯AH展望!~新潟記念は本命◎ロンギングDが3着に!~

こんばんわ!

無事札幌より生還いたしました!

今週は札幌2歳S本命◎トラスト1着、そして新潟記念本命◎ロンギングダンサー3着と

大分いい感じなのでこの調子で秋競馬も突っ走りたいと思います!

今週はバタバタしておりましたので、

早速新潟記念の回顧と京成杯オータムハンデの考察をしていきたいと思います!

新潟記念回顧

4コーナーの後方4番手以降にいた馬が4着までを独占するという、

完全な外差し競馬に。その中でも超大型馬のアデイインザライフが突き抜ける結果に。

1・3着馬は鉄砲掛けする馬でもあったが、休み明けの馬が入線し、

小倉記念組は4着のベルーフが最高着順に。やはり猛暑の影響もあるが、

小倉記念からのローテは少しきついローテか。

そして今年の小倉記念記念は少しレベルが低かったか。

アデイインザライフは広いコース向きで天皇賞でも少し楽しみな馬でもある。

京成杯オータムハンデ考察

カフェブリリアント 前走のヴィクトリアMは途中で強引にハナに立つ競馬で

先行馬が苦しくなり度外視していいだろう。休み明けだが、今年は良績のない

ここを目標にしてきたのは不気味。能力的にはチャンスあり。

ダノンプラチナ 前走の東京新聞杯は差し馬が苦しい緩い流れの中価値ある4着。

能力はGⅠ馬だし58kgは致し方がなく通用はするが、骨折明けがどう出るかだが、

中山の小回りコースはあまり向かなそうなイメージ。

ダノンリバティ 近走は堅実に走っているが鞍上の好判断もあり展開に恵まれている

感もあり半信半疑。勝てばサマーマイルシリーズのチャンピョンも転がり込んでくるが。。。

ロードクエスト こちらは初の古馬対戦だが、能力はGⅠ2着があるように通用しそう。

但し、こちらも中山よりは府中向きの感があり取りこぼしも充分あり得るので、

人気ほどの信頼感はないか。

そして現段階での紫苑Sの注目馬はこちら→→人気ブログランキングへ



スポンサーリンク