2016関屋記念考察!~人気が割れて妙味たっぷり!~

こんばんわ!

お盆真っ只中で皆様はどうお過ごしでしょうか?

お盆でも競馬は続きます(笑)

本日は既に枠番が発表されていますが、

関屋記念の有力馬の考察をしていきたいと思います!

スポンサーリンク




関屋記念 考察

2枠4番 ピークトラム 先行馬が壊滅状態だった中京記念で唯一先行して掲示板に残った馬(5着)。同舞台の重賞で馬券圏内の実績もあり(新潟2歳S 3着)ここは勿論有力候補。

3枠6番 ケントオー 前走は4コーナー最後方より最速上がりで追い上げ3着。だが、外枠の差し競馬の展開になり、馬場の良い外を回ってのもので再現性に乏しいか。

4枠7番 マジックタイム 今年に入り一段とパワーアップし、牡馬相手にダービー卿CTを快勝。ヴィクトリアMは流石に一線級相手で厳しいレースになったがそれでも健闘し(6着)、左回りの方がベターな馬で新潟は【2.1.0.0】と好相性。

6枠11番 ロサギガンティア 安田記念では出遅れて万事休すの競馬。メンバーが弱化されるのは良いのだが、マイルは現状1ハロン長い印象で、あとはやはりゲートが課題に。

8枠17番 ヤングマンパワー 昨年は初の古馬対戦で+18kgの中3着と健闘。前走は降級戦ながら58kgを背負い快勝。ここは好勝負出来る舞台。

そしてエルムSの注目馬はこちら→人気ブログランキングへ



スポンサーリンク