クイーンS&アイビスSD回顧!~クイーンは波乱でアイビスはガチの結果に!~

スポンサーリンク



こんばんわ!

昨日の重賞は本命が両レースとも馬券圏内に来るものの、

クイーンSはヒモが抜け、アイビスSDはガチガチの決着と

少し消化不良のレースでした。

そんな中でもしっかりと両レースを分析し、

次回の競馬にしっかり繋げていきたいと思います!

クイーンS回顧

1着 … マコトブリジャール

2着 ◎ シャルール

3着 … ダンツキャンサー

スタートでまずマイネグレヴィルが出遅れて持ち味を生かせない競馬になり万事休す。

同馬主のリラヴァティとシャルールが先手を主張する形なので折り合いがつく形に。

結局は掲示板は②⑪①④③番とほぼ内枠の枠番で決着し、

インコースを通った馬たちが上位を独占する形に。

マコトブリジャール…インの4番手で絶妙なポジションと仕掛けで重賞2連勝。

ベストは千八のようで何故か人気にならないので美味しい馬。

ポン駆けが効く馬で、休み明けから狙い撃ちたい。

シャルール…早目早目の競馬だったが、最後の最後で捕まった。

しかし札幌は本当にドル箱コースなので札幌記念でも一発があるか!?

ダンツキャンサー…前走は番手からの競馬で2着を確保し、

今回は全く実績の無い千八をこなすなど学習能力の高い馬。

イン突きの名手(!?)の勝浦の好騎乗も光ったか。

今後のレースの選択肢にも幅が広がり、先行出来る強みを活かし常に警戒が必要。

レッドリヴェール…前走からブリンカーを着用し2戦目で惜しくも4着。

やはりこちらも洋芝は走る馬。復調気配が見えてきたので、

ゆったりとしたローテーションならそろそろ大駆が期待できそう。

アイビスSD回顧

1着 △ ベルカント

2着 ○ ネロ

3着 ◎ プリンセスムーン

こちらは1~4番人気までが1着~4着を占めるという

非常に固く穴党には出番の無い1戦だった。

スタートしてこちらはサトデプロマットがスタートでダッシュがつかず万事休す。

ベルカントが好スタートを切るも、

大外の好枠を活かし、ネロがハナを切り結局行った行ったの形に。

その後、追走していたプリンセスムーンが追いすがるも3着まで。

この上位3頭は強く、やはり力通りの順当な結果に。

そしてアイビスDSの結果を踏まえての注目騎手はこちら→人気ブログランキングへ

スポンサーリンク





スポンサーリンク