先週の重賞回顧~中京記念は今年も波乱に!~

こんばんわ!

先週の予想はあまりいい所が無く大変失礼いたしました!

言い訳するわけでは無いのですが、最近は馬体重の大幅な増減に影響を

受ける事が少なくなく、記事を更新する際は馬体重が見れないので、

今後はそれらを色々と考慮しながらしっかりと予想していきたいと

思いますので、何卒よろしくお願いいたします!

もう言い訳はしませんので!(笑)

本日は先週の重賞回顧と今週の重賞の注目馬を案内していきたいと思います!

スポンサーリンク



中京記念回顧

最終週で中間に雨もありインコースは結構荒れており外々を回す競馬で

大半が外枠の差し馬で決まったレース。

この結果(上位着順)を後のサマーマイルシリーズに当てはめられず、

内枠や先行馬の巻き返しが存分にありそうな決着。

その中でも7番枠と比較的内目で唯一先行して掲示板に載ったピークトラム

は一時期の不振を脱出し、完全復調の気配。今後もマイル戦線で展開が嵌ればコース問わず走りそう。小牧太騎手とも手が合う。

1番人気ダッシングブレイズは10着と案外だったが、プラス10kgと初の500kg越えで夏場にしては少し重かったか。絞れれば巻き返し必至。

函館2歳S回顧

2歳初の重賞は三浦騎手のレヴァンテライオンが制した。

三浦騎手は初重賞制覇もこのレースで非常に相性の良いレース。

馬自身もスタートが抜群で、その後番手で競馬をし、4コーナーで早くも先頭に立ち押し切るというスピード感に溢れる走りで完成度の高さを見せたが、課題は距離になりそう。千四まではこなせそうだがマイルになると疑問符も。

モンドキャンノは短距離王国の安田厩舎で今回は2着と相手に屈したが、

血統面からも千二では強さを発揮しそう。

バリンジャー(6着)は大出遅れが全て。それでも上がりは次位を0.5秒上回り鋭い末脚を発揮。スタート五分で巻き返し濃厚。

そして今週の重賞、クイーンステークスより注目馬はこちら→人気ブログランキングへ

前走は初のGⅠ参戦もあり、早いペースに巻き込まれて早々に失速したが、

今回の舞台は大幅にプラスで、展開的にも向きそうな一頭。

大川慶次郎のパーフェクトの理由?
【無料】お試し大川慶次郎情報



スポンサーリンク