エプソムカップ展望!

こんばんわ!

昨日の北海道スプリングカップは的中したものの滅茶苦茶固かったですね(笑)リズムは良いのでこの形で今週の競馬も当てていきましょう!今週はGⅠはありませんが好メンバーの揃ったエプソムカップがありますのでこちらの展望に移りたいと思います。

エプソムカップ展望

1枠1番 ラングレー 先週安田記念にも出走し人気になった国際GⅠ馬リアルスティールの1歳兄だがこちらは未だ重賞未勝利。弟よりも短い距離にシフトしている。ここは舞台としてはベストに近いが前走も少し物足りなく人気先行のきらいも。

3枠6番 アルバートドック 3走前の小倉大賞典で見事重賞初制覇を成し遂げたが、転厩初戦の前々走、中日新聞杯ではまさかのシンガリ負け。前走は外枠で直線で前が塞がり立て直すロスがある惜しい競馬で5着。左回りがもしかしたら合わない可能性もあるが、ここは巻き返しのチャンス。あとはルメール騎手が骨折で乗り替わり鞍上弱化が気になるところ。

8枠16番 フルーキー 4走前のチャレンジカップで初重賞制覇を飾るとその後も崩れることなく好走し、前走も前残りの競馬を追い上げ2着善戦。後は初の58キロがどうか。

8枠18番 ルージュバック 常に人気先行の馬だが前走は久々のマイルで戸惑いながらも5着入着と健闘。牝馬限定のマーメイドSに登録せずに斤量面を考慮し牡馬相手にぶつけてきたが、試練の大外枠でどうか。個人的には妙味のないタイプで嫌いたい一頭。

人気が予想される4頭を紹介しました。明日も土曜競馬の予想をアップ致しますので、しっかりと的中に繋げたいと思います!

スポンサーリンク