2016日本ダービー 枠番確定!

いよいよ3日後に迫る2016年の日本ダービーですが、枠番が確定いたしました。

皐月賞馬ディーマジェスティは1枠1番、皐月賞2着馬マカヒキは2枠3番、皐月賞1番人気のサトノダイヤモンドは4枠8番に入りました。

発表された枠順を踏まえ有力馬の評価をしていきたいと思います。

ディーマジェスティ 皐月賞は目の覚める末脚を炸裂させ1冠を奪取。特に直線の坂下からの爆発力は他と違った。有力馬には少ない左回り&府中も経験済みで絶好の1番枠を引き当て(1番はダービー過去10年で4-2-0-4と絶好調!)蛯名騎手悲願のダービー制覇現実味をかなり帯びてきた。

マカヒキ 皐月賞は最速上がりを駆使し2着。内枠がどうかともいわれていたが杞憂に終わった。常に後ろからの競馬を強いられる馬だが、展開次第では充分台頭の余地あり。川田騎手もダービーを制覇でクラシック完全制覇となる。

サトノダイヤモンド 皐月賞は1番人気ながら直線でリオンディーズに不利を受け3着に。

中山よりは広い府中の方が適正がある感じで、ローテーションも鬼門のきさらぎ賞直行の皐月賞時より数段よく、昨年のダービーでも2.3着した里見オーナーの悲願のダービー制覇も十二分にありそう。

リオンディーズ 皐月賞は前半58.4のハイペースを2番手で追っかけ、4角では早目の競馬も流石に最後は力尽き4着入線も他馬に迷惑をかけ5着に降着。但し、皐月賞は折り合いを欠いていたように決して力負けではなく、今回も6枠12番とやや外目に入ったが、しっかりと折り合いさえつけば父キングカメハメハ、母シーザリオ、兄エピファネイアと府中2400が大得意のファミリーなので一発の可能性は充分。デムーロのダービー連覇もあるかもしれない。

有力馬4頭の考察をしていきましたが、他の馬もしっかりと考察し予想を練っていきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク